折込広告
ORIKOMI

折込広告

開店、特売、新企画やサービス、イベントなど、これらを多くの消費者に伝えるには、テレビ・ラジオはもちろん、新聞広告、折込広告、雑誌広告、車内広告、インターネットや携帯電話などたくさんの方法とメディアがあります。これらの媒体は、広告主と消費者をつなぐ代表的なモノといえるでしょう。これら媒体の中で、古くから実績ある存在として認められている「折込広告」は、新しいメディアが出現しつづける近年にいたっても、高い成長を続けています。これは「折込広告」の持つ特性が評価され、また効果を得ているためです。

込広告の流れ

  1. 14〜5日前までに
    折込日、エリア、部数、チラシの搬入日の決定
  2. 23日前までに
    配送ステーションにチラシ納品
  3. 32日前
    配送ステーションにてチラシを新聞販売店別に仕分け
  4. 4前日の午前中
    配送ステーションから指定の新聞販売店に配送
  5. 5前日
    折込作業
  6. 6折込当日
    新聞読者の各家庭に配布

込広告Q&A

  • Q.配布地域はえらべるの?
    A.エリアを限定してピンポイントでチラシを配布することができます。神戸新聞総合折込ではGIS(地理情報システム)を活用し、お客様に最適な折込エリアのご提案をいたします。
  • Q.費用はどのくらいかかるの?
    A.目安となる金額は1枚あたりの折込価格3.0円/B4サイズです。詳しくは料金表をご確認ください。
  • Q.デザインや印刷はどうすればいいの?
    A.チラシのデザインや印刷に関してもアドバイスします。全て弊社にお任せいただければ、チラシの制作から印刷・折込手配まで、ワンストップサービスをご提供いたします。
  • Q.神戸新聞総合折込は神戸新聞だけ?
    A.神戸新聞総合折込にお任せいただければ、北海道から九州まで、全国紙から地方紙まで日本全国の新聞に折込手配が可能です。

込広告調査資料

新聞折込広告の役割

消費者に「広く」「深く」情報を伝える媒体
折込広告は伝えたいエリアを特定し、消費者の身近な地域情報を伝える媒体です。「日本国内ほぼ全域」を「1日」で配布することができるので、売り出し日やオープン店舗に合わせて配布日や配布エリアの設定が思い通りに設定可能です。さらに、年齢・性別・住居形態・世帯所得額など、データに基づいたエリアセグメントも可能で、消費者に「広く」「深く」情報を伝える媒体として、コスト的、効果的にバランスに優れた広告媒体です。
また、昨今では、新聞本紙は見なくても折込チラシは見たいという方が多くいらっしゃいます。インターネットの普及により情報の多様化が進む傍、「地域に密着した情報」を得る手段は限られています。その中において、折込チラシは「地域に密着した生活の情報源」として必要とされている広告媒体であると考えられます。
折込広告の位置づけ

新聞折込広告に対する関心

高い閲覧率、消費者の手元にまで届く媒体
折込広告は新聞と一緒に毎日決まった時間に届くため、広く家庭内に浸透しており、家庭内での閲読率も高く、商品やサービスに関心のある見込み客が見る確率が非常に高い広告媒体といえます。女性がよく見る折込広告は、1位「スーパー」、2位「デパート」、3位「ファッション」、4位「化粧品」とつづいており、男性は1位「家庭電器」、2位「車」となっています。また新聞購読者の内、何らかのチラシを見る人は9割を超え、非常に高い注目度を獲得しています。そういう意味において、生活に密着したメディアとして日常生活における重要な情報源となり、日々の購買習慣のきっかけとして長年根付いています。新聞と共に届けられる事も広告出稿企業や情報の信頼性を高め、地域の皆様が安心・信用して閲覧していただける、かけがえのないメディアとしての立場を確立しています。
折込広告の位置づけ

込広告のメリット

広告主(送り手)のメリット
配布地域、配布日を指定できるので、必要なエリア、時期が設定可能です。企画から配布まで実施が手軽で、配布後から反応が早く、効果的です。新聞と一緒に家庭に配達されるので認知率、閲読率が高いです。消費者の手元に残り保存性が高い広告媒体です。
読者(受け手)のメリット
地域情報が安易に入手でき、タイムリーな情報もわかります。定期的に折り込まれているチラシが買い物の計画に役立ちます。繰り返し見ることができるので、親しみが持てます。広告媒体として歴史も長く、配布元もわかっているので信頼性が高い広告です。

神戸新聞総合折込はこれまでの広範なマーケティングのノウハウから、より効果的な反響を得られる折込エリアをご提案しています。兵庫県下で、広告主と消費者をつなぐ折込システムを支える販売店数は、約1,000店。その中でも神戸新聞は朝刊発行部数55万部を越え、シェアは県下NO.1です。これらの強力なネットで「伝えたい人に」「伝えたい情報を」「伝えたい時に」を的確に実行いたします。

お問い合わせ
cntact us

サービスに関するご相談、お問い合わせ、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。